きょうの動意株

ヤマダ電機が反発、「中古家電強化」を材料視、割安感も

9831 ヤマダ電機 株価チャート
10/23
15:00
時点

613

前日比
+7(+1.16%)

年初来高値 649.0(17/01/05)
年初来安値 543.0(17/04/04)

 ヤマダ電機(9831)が5日ぶり反発。13時時点では前日比19円(3.6%)高の537円付近まで買われている。13日付日本経済新聞が「中古家電の販売店を現在の3倍規模に増やす」と報じ、手掛かり材料になっているもようだ。

 記事によると、現在の15店から50店規模になるという。販売店は修理工場を新設し、利益率の高い中古家電事業を新たな収益の柱に育てる狙い。足元の下落で株価純資産倍率(PBR)は0.83倍と割安感も意識されており、買い意欲を誘っている面もありそうだ。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 12.61倍 PBR 0.88倍 予想配当利回り 2.94%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

ヤマダ電 (9831)

ページトップ