きょうの動意株

JAL、ANAが堅調、原油安メリットを意識か

9201 日本航空 株価チャート
10/24
14:42
時点

3,850

前日比
+4(+0.10%)

年初来高値 3,911.0(17/10/13)
年初来安値 3,225.0(17/06/01)

 日本航空(JAL、9201)、ANAホールディングス(9202)の航空2社が大幅高。JALは前引け時点で184円(4.3%)高の4391円、ANAは8.2円(2.5%)高の329.9円だった。後場寄り付き直後の午後0時35分時点でもJALが161円高、ANAは8.2円高と堅調に推移している。原油安メリットが意識されているとみられ、全33業種の上昇率をみても、空運セクターは3.6%と断トツだ。

 20日、北米指標であるWTI原油先物価格は1ドル91セント安の1バレル=26ドル55セントと急落。12年8カ月ぶりの低水準となっている。21日のニューヨーク市場の時間外取引では28ドル台まで反発しているが、大量の燃料を消費する空運セクターにはプラスとみられているようだ。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 12.61倍 PBR 1.40倍 予想配当利回り 2.49%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

JAL (9201)

ページトップ