会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

ついに公開! リバウンドしやすい暴落株の特徴とは?

暴落時は◯◯株が狙い目!?

中原 良太
ACM / PIXTA(ピクスタ)

 2016年1月4日は、お正月の楽しげなムードから一転して、日経平均株価が暴落しました。いや、暴落というよりズルズルとした「下げ」という表現のほうが適切かもしれません。その後、日経平均株価は6営業日連続して下落するなど、あっという間に1万6000円台に突入しました。

 これだけ不安要素が大きいと、わたしたち投資家は相場を確認せずにはいられません。何ができるというわけでもないのに、とりあえずパソコンを開いて、日経平均株価やTOPIXが乱高下しているのを見守る…という状態です。

 株を持っている人からすれば、年初からの下げは痛い! 実際、わたし自身も痛い目を見ています。ですが、落ち込んでいる場合ではありません。なぜなら、そんなタイミングこそ絶好のチャンスですから。

 相場全体が落ち込んでいるということは、今まで虎視眈々と機会をうかがっていた逆張り投資家やバリュー投資家にとって、絶好の買い場と言えるでしょう。うまく銘柄を選びさえすれば、このような暴落時期にも大きなリターンを得るのは夢物語ではありません。

 そこで今回は、株価が暴落している中で、リバウンドしやすい市場や業種の見つけ方を解説しましょう。年初から痛い目ばかり見てきた方にとっては、逆転大勝利のきっかけになるかもしれません。ぜひ、最後までお読みください。

暴落時に稼ぐ逆張り投資法

 暴落している株がたくさんあると、どんな株を選べばよいか悩みますよね。このとき、私ははじめに「どの市場から株を選べばよいか」というところからスクリーニングを始めます。では、今のような暴落局面では、東証1部、東証2部、ジャスダック、マザーズの4市場のうち、どの市場を選べば利益につながりやすいのでしょうか?

キャッシュバック

ページトップ