日本通信の今期はMSP事業の商談遅れやVAIOフォン在庫評価損などで営業赤字に転落

山田 雄一郎
2016年01月26日

仮想移動体通信事業者(MVNO)の先駆である日本通信は1月22日に今2016年3月期見通しを下方修正した。売上高を従来見通しの約68億円から約43億円に、営業損益を従来見通しの黒字11億円から赤字15億円に、当期純損益を従来見通しの黒字10億円強から赤字16億円強へそれぞれ下方修正したのだ。……

¥ この記事は有料コンテンツです。
ベーシックプラン以上にお申し込みいただきますとお読みいただけます。

記事中の会社を詳しく見る

日本通信 (9424)

ページトップ