きょうの動意株

富士フイルムが冴えない、進捗率低く上方修正期待が後退

4901 富士フイルムホールディングス 株価チャート
12/13
11:30
時点

4,678

前日比
-15(-0.32%)

年初来高値 4,735.0(17/12/11)
年初来安値 3,932.0(17/06/09)

 富士フイルムホールディングス(4901)が冴えない。前場寄り付き直後はプラス圏で推移していたが、じりじりと売り物に押され、9時40分時点では75円(1.6%)安の4453円付近での値動きとなっている。今2016年3月期第3四半期累計(15年4~12月)決算を前日発表。通期計画に対する進捗率が低く、上方修正期待が後退したのを反映した値動きとみられる。

 第3四半期累計営業利益は前年同期比7.6%増の1339億円、純利益は同10.1%減の844億円だった。インスタントカメラ「チェキ」の欧米での売り上げが2倍に増えたうえ、デジタルカメラでもミラーレス一眼が好調だった。医薬品事業も堅調に推移した。

 だが、通期計画に対する進捗率は営業利益、純利益いずれも70%程度にとどまっている。通期予想は据え置いた。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 19.26倍 PBR 1.00倍 予想配当利回り 1.60%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

富士フHD (4901)

ページトップ