日銀、マイナス金利導入を決定

発表後の株価は乱高下

ロイター
1月29日、日銀は金融政策決定会合で、当座預金に0.1%のマイナス金利を適用する追加緩和を決めた。写真は都内で昨年2月撮影(2016年 ロイター/Thomas Peter)

[東京 29日 ロイター] - 日銀は29日の金融政策決定会合で、当座預金に0.1%のマイナス金利を適用する追加緩和を決めた。年間80兆円の国債買い入れを柱とする従来の資産買い入れを継続しつつ、当座預金を3つに分け、それぞれプラス金利、ゼロ金利、マイナス金利を適用する。

マイナス金利導入には、白井さゆり、石田浩二、佐藤健裕、木内登英の4委員が反対した。

同時に公表した展望リポートで2016年度の物価見通しを従来の前年比プラス1.4%からプラス0.8%に大幅に下方修正した。2%の物価目標達成時期を従来の2016年度後半から17年度前半に先延ばしした。
 

ReutersCopyright
copyright (C) 2017 Thomson Reuters 無断転載を禁じます

ページトップ