きょうの動意株

三菱UFJが揉み合い、好・悪材料の気迷い続く

8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 株価チャート
12/13
13:33
時点

827.7

前日比
+14.9(+1.83%)

年初来高値 830.7(17/12/13)
年初来安値 642.2(17/04/17)

 三菱UFJフィナンシャルグループ(8306)が揉み合い。日銀によるマイナス金利導入を受け、前週末と昨日は大幅続落したが、決算発表を受けアク抜け感も漂っているもよう。年末以降の大幅下落でPBR(株価純資産倍率)が0.52倍と割安感も意識されているようだ。9時40分時点では前日比0.8円安の575.3円。プラスの場面では9.4円高の585.5円まで買われたが、上下幅10円未満の小刻みな動き。

 前日発表した2016年3月期第3四半期決算では、事業会社の売上高にあたる経常収益は前年同期比0.7%増の4兆2909億円、純利益は同8.1%減の8522億円だった。海外債券の売却益が減少したほか、与信関係の損益が費用超過に転じ、全体では減益となった。通期見通しは純利益予想(9500億円)のみ公表しており、変更はない。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 11.45倍 PBR 0.73倍 予想配当利回り 2.17%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

三菱UFJ (8306)

ページトップ