日本合成化学の第3四半期は営業益18%増、高機能樹脂が食品包装用途で拡大

渡辺 清治
2016年02月05日

日本合成化学工業の業績が好調だ。2月3日に発表した2016年3月期・第3四半期(15年4~12月)連結決算は、営業利益が101億円と前年同期比で18%増だった。採算のよい食品包装用途の高機能樹脂が収益を牽引した。通期の営業利益は前期比21%増の135億円前後、最終利益は過去最高益を更新する見通しだ。……

¥ この記事は有料コンテンツです。
ベーシックプラン以上にお申し込みいただきますとお読みいただけます。

ページトップ