前場の日経平均は大幅反落、リスク回避で836円安

前場終値は836円安の1万6168円

ロイター
2月9日、前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比836円09銭安の1万6168円21銭と大幅に反落した。都内で昨年8月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 9日 ロイター] - 前場の東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比836円09銭安の1万6168円21銭と大幅に反落した。欧米市場で加速したリスクオフの流れが東京市場にも波及し、朝方から幅広い銘柄に売りが先行した。

一時114円台まで進んだ円高が収益を悪化させるとの懸念から輸出株が売られたほか、欧米金融株安を受けて銀行、ノンバンクなどの金融セクターも軒並み安となった。日経平均は前引けかけて下げ幅が拡大し、ほぼ安値引け。東証1部銘柄の約97%が下落する全面安の展開だった。

12日に2月限オプションSQ(特別清算指数)算出を控えていることもあり、先物、オプションを絡めた仕掛け的な売りも目立った。短期的には下げ過ぎとの見方もあったが、押し目買いは乏しかった。市場では「欧州銀行株の不安定な動きがリスク回避の底流にある。日銀のマイナス金利導入は金利低下の効果を示したが、円安にはつながらず、外部環境に負けてしまった格好だ。日経平均は一時的に1万6000円を割り込む可能性もある」(カブドットコム証券投資ストラテジストの河合達憲氏)との声が出ていた。

東証1部の騰落数は、値上がり38銘柄に対し、値下がりが1878銘柄、変わらずが16銘柄だった。

ReutersCopyright
copyright (C) 2017 Thomson Reuters 無断転載を禁じます

ページトップ