きょうの動意株

三菱重工が続伸、戦闘機とロケット材料で高値飛行

7011 三菱重工業 株価チャート
12/12
15:00
時点

4,267

前日比
+44(+1.04%)

年初来高値 5,496.0(17/01/05)
年初来安値 4,045.0(17/11/28)

 三菱重工業(7011)が大幅続伸。前引けは24.4%(6.3%)安の410.1円だった。16日付日本経済新聞で、戦闘機やロケットに関するニュースが相次いで報じられ、株価は高値圏を飛行している。足元の株価下落でPBR(株価純資産倍率)が0.78倍と1倍を割り込んでおり、割安感が意識されている面もあるようだ。

 日経は、当社が米国の最新ステルス戦闘機「F35A」の最終組み立て・検査を開始したと報道。2017年度末までに2機、20年度までにさらに16機を完成させるという。

 一方、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が今年から基幹ロケット「H2A」、「H2B」の打ち上げ時の気象条件を緩和したとも報道。従来条件では打ち上げの約4割が悪天候のため延期され、打ち上げコストを押し上げていたが、今後は延期が2割程度に減り、コスト減が期待できるという。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 18.00倍 PBR 0.80倍 予想配当利回り 2.81%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

三菱重 (7011)

ページトップ