米国株式市場は金融株主導で続伸、原油高を好感

ダウは212ドル高の1万6697ドル

ロイター
2月25日、米国株式市場は続伸した。原油価格の上昇を受け、銀行が債務不履行(デフォルト)で打撃を受けるとの懸念が和らぎ、金融株が買われた。ニューヨーク証券取引所で24日撮影(2016年 ロイター/Brendan McDermid)

[ニューヨーク 25日 ロイター] - 米国株式市場は続伸した。原油価格の上昇を受け、銀行が債務不履行(デフォルト)で打撃を受けるとの懸念が和らぎ、金融株が買われた。また、ここ何週間かの激しい相場変動を投資の好機とする見方も株価を下支えた。

さらに1月の耐久財受注は幅広い分野で需要が増加したため市場予想を上回る伸びとなり、不振が続いていた製造業セクターの今後の動向に期待が持てる内容だった。

S&P総合500種は年初来では約5%下げているが、ここ9営業日で6%上昇し、今年初めて50日移動平均を超えた。

セクター別では、S&P総合500種の主要10業種指数のすべてが上昇。S&P金融株指数<.SPSY>は1.38%上げた。

個別銘柄では、顧客管理ソフトのセールスフォース・ドット・コムが11.0%上昇。同社の四半期決算は売上高が市場予想を上回り、通期の見通しを上方修正した。

銃メーカーのスターム・ルガーは7.8%高。市場予想より良好だった四半期決算の内容が好感された。

グーグルの持ち株会社であるアルファベットは1.1%高。マイクロソフトは1.4%上昇。これらの銘柄がナスダック総合指数の上昇に寄与した。

時間外取引では、食品のクラフト・ハインツが四半期決算の発表を受けて3%上昇した。

騰落銘柄数はニューヨーク証券取引所が上げ2265で下げ784、ナスダックは上げ1684で下げ1074だった。トムソン・ロイターのデータによると、米取引所の合計出来高は約73億株で、過去20営業日平均の90億株を下回った。

終値 前日比 % 始値 高値 安値 コード

ダウ工業株30種 16697.29 +212.30 +1.29 16504.38 16697.98 16458.42 <.DJI>

前営業日終値 16484.99

ナスダック総合 4582.21 +39.60 +0.87 4554.73 4582.21 4516.89 <.IXIC>

前営業日終値 4542.61

S&P総合500種 1951.70 +21.90 +1.13 1931.87 1951.83 1925.41 <.SPX>

前営業日終値 1929.80

ReutersCopyright
copyright (C) 2017 Thomson Reuters 無断転載を禁じます

ページトップ