きょうの動意株

アクトコールが6%安、短期売買に乱高下

6064 アクトコール 株価チャート
12/12
11:04
時点

1,340

前日比
+10(+0.75%)

年初来高値 1,790.0(17/11/14)
年初来安値 722.0(17/01/04)

 水漏れなど住宅トラブルの修繕サービスを手掛けるアクトコール(6064 東証マザーズ)が乱高下。9時23分現在、前日比6%安で推移している。人工知能(AI)を使ってコールセンターの電話対応などを自動化するシステムを開発するとの2月27日付日本経済新聞の報道が材料視され、前日にストップ高となった。今日もこの流れを引き継いだ買いが先行したが、その後は売り物に押された格好。新興株市場ではこのところ新規の手掛かり材料が浮上した小型株の短期売買が活発化しており、資金の移り変わりが早くなっているもようだ。

 報道によると、同社が2月に設立したAI開発子会社と、東大発のフェアリーデバイセズ(東京都文京区)などAI関連技術を持つベンチャー企業が連携。声から言葉の意味や顧客の感情を読み取り、的確に答えるシステムを開発し、年内に同社のコールセンターに導入する。来年外販を始める計画で、まずは年30件程度の受注を狙うという。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 41.23倍 PBR 12.30倍 予想配当利回り 0.37%
市場 東証マザーズ 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

アクトコル (6064)

ページトップ