きょうの動意株

フライトHDが後場プラス圏に浮上、次世代マルチ決済装置を発売

3753 フライトホールディングス 株価チャート
12/11
11:16
時点

713

前日比
+11(+1.57%)

年初来高値 1,790.0(17/02/20)
年初来安値 679.0(17/12/06)

 東証2部のフライトホールディングス(3753)が後場に入りプラス転換した。13時53分現在は前営業日比6円(1.6%)高の381円で取引されている。一時は59円(15.7%)高の434円まで買われる場面があった。今日前引け後に、子会社が次世代マルチ決済装置の国内向け販売を開始したと発表し、買い材料視された。

 また、本日発売の「会社四季報」春号で「17年3月期は3期連続営業赤字を回避」とされたほか、アップルペイ対応の決済端末を手掛けることから、フィンテック関連の一角として見直す動きも浮上したようだ。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 29.34倍 PBR 9.39倍 予想配当利回り 0.00%
市場 東証二部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

フライトH (3753)

ページトップ