きょうの動意株

アドバンストMが昨年来高値、AI関連の新規材料をハヤす

3773 アドバンスト・メディア 株価チャート
12/11
15:00
時点

1,500

前日比
-50(-3.23%)

年初来高値 1,610.0(17/12/11)
年初来安値 706.0(17/04/13)

 音声認識ソリューションの企画・開発を手掛けるアドバンスト・メディア(3773)が急伸。一時は前日比87円(10.1%)高の951円まで買われ、2015年4月に付けた昨年来高値(923円)を更新した。

 14日、人工知能(AI)対話ソリューション「AmiAgent(アミエージェント)」が、三菱東京UFJ銀行のAI音声対話アプリ「バーチャルアシスタント」に採用されたと発表した。市場の注目テーマの1つである人工知能関連の話題とあって、これをハヤした買いが広がったとみられる。

 「バーチャルアシスタント」は、音声認識技術・意図解釈技術を活用し、利用者からの音声による問い合わせに対応するスマートフォンアプリ。銀行取引に関する質問に対し、仮想キャラクターの「MAI(マイ)」が質問の意図を理解し、三菱東京UFJ銀行のホームページ掲載の「よくあるお問合わせ(Q&A)」から適切な回答を案内するという。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 1,153.85倍 PBR 5.08倍 予想配当利回り 0.00%
市場 東証マザーズ 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

AMI (3773)

ページトップ