きょうの動意株

ナノキャリアが後場プラス圏浮上、遺伝子デリバリー技術で契約

4571 ナノキャリア 株価チャート
12/11
14:55
時点

640

前日比
+6(+0.95%)

年初来高値 942.0(17/01/05)
年初来安値 618.0(17/04/13)

 東証マザーズのナノキャリア(4571)が後場に入りプラス圏に浮上した。14時36分現在、前日比68円(6.06%)高の1191円で推移している。 

 今日12時35分、遺伝子デリバリー技術を適用した医薬品の開発について、アキュルナ(東京都文京区)と国内外の再実施権付き独占的ライセンス契約を締結したと発表し、買い材料視された。アキュルナは、医薬物質の送達システムを応用した医薬品などの研究開発を行っている。今回の契約で、ナノキャリアは契約一時金のほか、事業化に伴う一定のロイヤルティーやマイルストーンを受領する。このため2016年3月期の営業赤字が従来予想の26億6600万円から26億2300万円に、最終赤字が27億7200万円から27億2900万円に縮小する。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER ---倍 PBR 2.81倍 予想配当利回り 0.00%
市場 東証マザーズ 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

ナノキャリ (4571)

ページトップ