会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

ご紹介! 新年度相場でドカンと上昇期待の4銘柄!

過去16年の"勝率"が87%の銘柄も!

中原 良太
まちゃー / PIXTA(ピクスタ)

 寒がりで低血圧のぼくにとって、冬は天敵です。いちばんつらいのが、朝起きて、布団から出る、その瞬間。

 ああ、嫌だ。布団から出たくない。このまま寝ていたい。1日の中で、いちばんつらい時間帯が、朝と言っても過言ではありません。

 ですが、そんなつらさも、もう終わり。

 なんといっても、やっと春が来ましたからね! 最近は昼も暖かく、暖房をつけなくても1日過ごせるくらいにまで、気温が上がってきました。もう、目覚まし時計のアラーム音に絶望する必要もないんです。

 そうそう、春といえば、「新年度」とも言われているとおり、キリのよい時期ですよね。実は、4月からの1カ月間は、「新年度相場」とも呼ばれており、上昇しやすい時期として知られています。なぜなら、企業や機関投資家が、3月に決算対策として売っていた株を、新年度から買い戻す傾向があるからです。この傾向は、またの名を「4月効果」と言います。

 市場に資金が流入しやすいため、新年度相場(4月相場)は相場全体が上がりやすい傾向があります。まさに、僕ら個人投資家にとっては、絶好の稼ぎどきです。

 せっかく新年度になるのですから、僕ら個人投資家も、よいスタートダッシュを切りたいところ。そこで今回は、新年度からの上昇に期待が持てる4銘柄をご紹介します。

 具体的には、以下の3ステップで、新年度から上がりそうな銘柄を探すことにしました。

  ステップ1:業績が好調な銘柄をいくつか見つけだす
  ステップ2:過去データを集計して、値上がりの傾向が強い銘柄を見つける
  ステップ3:最も魅力的な銘柄3、4社を選ぶ

 この3ステップを1つずつ進めていった結果、過去16年間で、新年度相場に75%超の確率で上昇した有望銘柄を、4銘柄も見つけました。

 では早速、順を追って、私が新年度から上がりそうな銘柄を見つけ出した方法をご紹介しましょう。今回もほかでは手に入らない、貴重なお話をしていきますので、ぜひ最後までお読みください。

キャッシュバック

ページトップ