きょうの動意株

横浜ゴムが反落、野村の投資判断引き下げと負債増を懸念

5101 横浜ゴム 株価チャート
12/12
15:00
時点

2,640

前日比
+47(+1.81%)

年初来高値 2,648.0(17/12/04)
年初来安値 1,939.0(17/02/09)

 横浜ゴム(5101)が反落。売り気配で始まり、11時時点では前日比78円(3.9%)安の1886円まで売られている。株価は足元の支持線として意識されていた5日移動平均線(1931円)を割り込んでいる。

 野村証券が28日付でレーティングを引き下げ、売り材料になっているようだ。投資判断を「ニュートラル」から「リデュース」に引き下げ、目標株価も1830円から1750円に減額した。 

 野村の指摘では、オランダの生産財タイヤメーカー「Alliance Tire Group」の買収により、有利子負債が大幅増加し、中期的に株主還元余力が低下するという。こうしたことから競合他社に比べ投資妙味が薄れるとしている。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 14.92倍 PBR 1.21倍 予想配当利回り 2.35%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

浜ゴム (5101)

ページトップ