きょうの動意株

ミツミ電機が急落、下方修正を嫌気、大幅赤字さらに拡大

 ミツミ電機(6767)が大幅に3日続落。前引けは前日比20円(3.6%)安の531円だった。一時は518円まで売られ、3月1日以来約1カ月ぶりの安値圏で低空飛行を続けている。前日大引け後に発表した今2016年3月期業績の下方修正が嫌気されているようだ。

 修正では最終赤字がを従来予想の60億円から98億円(前期実績は38億円の黒字)に膨らむ。スマートフォン向け電子部品の販売が想定以上に落ち込むという。

 一方、昨年12月に基本合意したミネベア(6479)と経営統合に関して、最終契約を結んだと発表した。ミツミ株1株に対しミネベア株0.59株を割り当てる。ミツミはミネベアの100%子会社となり、17年3月14日付で上場廃止となる。ミネベアは前引けで35円(4.0%)高の889円と堅調な動き。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER ---倍 PBR ---倍 予想配当利回り ---
市場 売買単位 ※ 現在値
各種情報について

ページトップ