CSPの今17年2月期は創業記念関連費用が一巡し営業利益急回復

が、記念配は廃止

堀越 憲二
2016年04月14日

綜合警備サービス3位で、JR東日本系のCSP(セントラル警備保障)の今2017年2月期(16年3月~17年2月)は、前期(15年3月~16年2月)の変則決算から正常化するため、営業利益が前期比42.5%増と急回復する見込みだ。東洋経済も会社計画に沿って、『会社四季報』春号の今期業績予想を下表のように修正する。……

¥ この記事は有料コンテンツです。
ベーシックプラン以上にお申し込みいただきますとお読みいただけます。

記事中の会社を詳しく見る

CSP (9740)

ページトップ