きょうの動意株

原油関連しっかり、クウェートのストでWTI40ドルに戻す

8058 三菱商事 株価チャート
12/12
15:00
時点

2,929.5

前日比
+15.0(+0.51%)

年初来高値 2,972.0(17/11/09)
年初来安値 2,208.5(17/05/18)

 原油関連がしっかり。ドーハ会合の決裂を受け、WTI原油先物は日本時間18日朝方の時間外取引で1バレル=37ドル台まで急落したが、クウェートの国営石油会社で続いているストライキの影響で19日朝方には一時40.13ドルまで戻す場面があった。クウェートでは産油量が3月の日量約280万バレルから110万バレルまで急減しているといい、これが需給引き締まり期待を誘っているようだ。

 19日付日経新聞で「資源分野の資産額を増やさない」との社長インタビューが掲載された三菱商事(8058)は10時時点で前日比66.0円(3.5%)高の1958.0円と堅調な動き。当社は資源価格下落の影響で前2016年3月期は約4300億円の減損処理を余儀なくされた経緯もあり、原油の反発が買い安心感につながっている模様。

 石油資源開発(1662)は29円(1.2%)高の2448円、JXホールディングス(5020)も9.6円(2.1%)高の465.0円としっかり。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 9.31倍 PBR 0.94倍 予想配当利回り 3.24%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

三菱商 (8058)

ページトップ