GW前後に上昇期待! 過去データが示す10銘柄はこれだ!

大型連休はチャンスか、リスクか?

中原 良太
いよいよ近づいてきた大型連休。個人投資家にとってはチャンス? kazukiatuko / PIXTA(ピクスタ)

 桜が散り、4月も下旬に入りましたね。忙しいイベントもそろそろ一段落した所ではないでしょうか。一息ついたところで、月末から5月の初めにかけて、いよいよゴールデン・ウィーク(GW)が近づいてきました。

相場はGW前後に上昇しやすい!?

 GWといえば、大型連休。会社勤めの方にとっては、こんなに楽しみなことはありません。では、個人投資家にとっては、大型連休はチャンスなのでしょうか。それとも、リスクなのでしょうか?

 まず、「GWの直前には、株価が下がり、割安な銘柄が増える」という見方ができます。GW中に不祥事の報道などがあった場合、株を売りたくても売れないという、八方塞がりの状況になってしまいます。このリスクを避けるため、GWの直前には株を売るという投資家もいます。その後、GW明けに再び株を買い戻せば、買い圧力が強まります。

●GW直前には、リスク回避の売りが強まる
(=株価が下がりやすい)
●GW直後には、株の買い戻しが強まる
(=株価が上がりやすい)

 東証一部貸借銘柄の2000年~15年の16年分のデータを集計して、検証してみることにしましょう。

 具体的な集計方法は、以下のとおりです。

■株を買うタイミング:4月25日以降の第1営業日の寄り付きに株を買う
■株を売るタイミング:5月5日以降の第1営業日の寄り付きに株を売る

 この分析は、GWが始まる直前と終わった直後の間に、株価がどのように変動するのかを確認するのが目的です。00年から15年までの16年間の検証結果は、以下のとおりでした。

====================
検証期間:00年1月1日から15年12月31日まで
総サンプル数:22802回
勝率:55.37%
平均損益率:+0.84%

====================

ページトップ