きょうの動意株

旭化成が後場弱含み、今期の営業減益予想など嫌気

3407 旭化成 株価チャート
12/12
14:00
時点

1,448.0

前日比
+16.0(+1.12%)

年初来高値 1,533.0(17/11/09)
年初来安値 1,001.0(17/01/18)

 旭化成(3407)が後場に入って弱含み。前引け段階では前日比3.4円(0.7%)高の757.8円だったが、午後0時45分時点では同10.1円(1.3%)安の744.3円付近と売り物が先行している。0時30分に発表した前2016年3月期決算と今17年3月期業績予想がネガティブに受け止められたとみられる。

 今3月期営業利益は前期比約12%減の1450億円を見込む。繊維、ケミカル事業などで円高の悪影響を受けるという。『会社四季報』予想営業利益は1640億円。 

 一方、前3月期決算では242億円の特別損失を計上。純利益は前期比13%減と最終減益で着地した。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 14.51倍 PBR 1.76倍 予想配当利回り 1.93%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

旭化成 (3407)

ページトップ