きょうの動意株

インベスターCが急反発、1対2の株式分割や資本提携を材料視

1435 インベスターズクラウド 株価チャート
12/12
15:00
時点

6,940

前日比
-50(-0.72%)

年初来高値 7,290.0(17/12/12)
年初来安値 3,690.0(17/02/08)

 東証マザーズのインベスターズクラウド(1435)が急反発。午前9時14分時点では前日比1610円(14.6%)高の1万2600円で推移し、マザーズ市場の値上がり率ランキングで首位となっている。16日引け後、6月末時点の株主を対象に1対2の株式分割を実施すると発表し、買い材料視された。

 昨年12月に新規上場した当社は、アパート経営プラットフォーム『TATERU』を展開する。民泊向けリノベーションサービスなども手掛けることから「民泊関連」として注目され、株価は今年4月28日に初値3615円の4.5倍となる1万6250円まで上昇した。分割により最低投資金額が下がり、手掛けやすくなるとの期待が高まったもようだ。

 16日にはクラウドコンサルティング事業を行うリアライズアセットマネジメント(東京都新宿区)が実施する第三者割当増資を引き受け、同社を持分法適用関連会社にすることも発表。グループ全体としての事業領域の拡大や成長力向上を図ることができるとしており、これを材料視する向きもあるとみられる。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 31.08倍 PBR 17.60倍 予想配当利回り 0.58%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

インベスC (1435)

ページトップ