きょうの動意株

東洋ゴムは反発も上値重い、株主訴訟請求は材料視されず

5105 東洋ゴム工業 株価チャート
12/11
15:00
時点

2,309

前日比
+14(+0.61%)

年初来高値 2,675.0(17/10/25)
年初来安値 1,237.0(17/02/08)

 東洋ゴム工業(5105)が5日ぶり反発。9時40分時点では前日比25円(2.0%)高の1260円付近と強含みで推移している。ただ、積極的に買い上がる雰囲気はなく、通期業績予想の下方修正を受けて5月16日にあけたマド(1575円~1299円)を埋める動きにはいたっていない。

 18日の取引後に株主から提訴請求を受けたと発表したが、特にネガティブには取られていないようだ。株主らは会社側に対し、免震ゴム問題に関与した取締役に対する損害賠償訴訟を起こすよう求めている。提訴する場合は、2007年から15年までに取締役の地位にあった者のうち19名に対し、約466億円の支払いを求める。会社側は「提訴するかどうかは今後検討する」としている。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 14.54倍 PBR 2.07倍 予想配当利回り 1.95%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

洋ゴム (5105)

ページトップ