きょうの動意株

パナソニックが1カ月ぶり1000円台を回復、「液晶撤退」を好感

6752 パナソニック 株価チャート
12/12
15:00
時点

1,617.5

前日比
+11.5(+0.72%)

年初来高値 1,800.0(17/11/09)
年初来安値 1,137.0(17/02/03)

 パナソニック(6752)が強含み。日銀ショックの4月28日以降、株価は1000円を手前に足踏みしていたが、10時時点では前日比27.7円(2.7%)高の1023.0円と1カ月ぶりに1000円の節目を回復した。31日付日本経済新聞がテレビ用液晶パネルからの撤退を報じており、これがポジティブに取られているようだ。

 報道によると、9月末をメドに姫路工場(兵庫県姫路市)での生産を終了し、従業員数百人は自動車用の蓄電池工場などに配置転換する。激しい価格競争が続き、採算を確保できないと判断したという。パナソニックの撤退で、国内でテレビ用液晶パネルを生産するのは台湾・鴻海(ホンハイ)ーシャープ連合の2工場だけになる。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 24.81倍 PBR 2.40倍 予想配当利回り 1.55%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

パナソニク (6752)

ページトップ