「健康経営」プラス「女性活躍」 に初選出された4銘柄とは?!

スケジュール=6/13の週の話題

古庄 英一
日立グループの女性リーダーミーティング(講演するのは中西社長(当時)、2013年撮影:梅谷秀司)

 7月10日は参議院選挙の投開票日だ。自民、民進、両党の政調会長が女性ということで、いまや国是ともなった「女性活躍社会の実現」が大きな政治的関心事になっていくだろう。

 これにかかわる政策論議を通じて、マーケットでは「どの株が上がるか」という視点で物色先が探られる。真っ先に浮かぶのは、子育て支援サービスを提供する保育や、派遣やパートの仕事先を仲介する人材といったサービス業だ。ただ銘柄テーマに位置づけられて久しく新味がなくなった。代表銘柄も値動きも冴えない。

 たとえば神奈川県基盤の保育園運営業者であるサクセスホールディングス(6065)は収益力が低くて株高を期待しづらい。同社を買収した大阪本社の総合人材サービス業者、ジェイコムホールディングス(2462)の株価も影響し、GW明けから下落基調をたどっている。

 それでも切り口を変えれば、なんらか物色先が見つかるだろうと考えて思いついたのが「なでしこ銘柄」だ。これは経済産業省が東京証券取引所と共同で、女性活躍推進に優れた上場企業を選定し、発表するもの。選挙が迫ると株価対策として公的マネーが東証1部銘柄を買い支えるので、割安感のある「なでしこ銘柄」は公的マネーの食指が動きやすいと考えたからだ。

 この選定テーマは、12年度から実施されており、定着した感がある。4度目となる今15年度は45銘柄が3月16日に公表された。選定企業一覧を含めた概要は、経済産業省のHP内に掲載されており、閲覧してほしい。それによると人材活用の有識者が昨年10月8日に決定したとし、これらは「成長力のある企業」でもあると、その目利きに自信がある様子だ。

 ちなみに15年度を含めた計4回のうち4回とも選ばれたのが、日産自動車(7201)東京急行電鉄(9005)KDDI(9433)の3銘柄。3回選ばれたのが、カルビー(2229)積水ハウス(1928)ダイキン工業(6367)日立製作所(6501)ブリヂストン(5108)トッパン・フォームズ(7862)大阪ガス(9532)ローソン(2651)の8銘柄だった。15年度初選出された18銘柄には、1部市場以外で唯一トレンダーズ(6069)がマザーズ市場から選出された。

 来年の16年度は2部やジャスダックの両市場に対象を広げる方針という。今回は選に漏れたところでも、女性活躍のアピール度が目立つ企業は有望かもしれない。民間の企業表彰などに着目するとよいだろう。

ページトップ