きょうの動意株

ナノキャリアが急反発、証券系研究所の強気判断を材料視

4571 ナノキャリア 株価チャート
12/11
13:04
時点

639

前日比
+5(+0.79%)

年初来高値 942.0(17/01/05)
年初来安値 618.0(17/04/13)

 創薬ベンチャーのナノキャリア(4571 東証マザーズ)が急反発。一時は前日比147円(14.7%)高の1145円まで上昇した。午前10時39分現在、マザーズ市場の値上がり率ランキングで2位となっている。いちよし経済研究所が22日付のレポートで当社株のレーティングを新規に「A」、フェアバリューを1600円とし、これが材料視されたようだ。

 同研究所は当社について、開発した抗がん剤の投資回収期が近づいていると判断し、2020年3月期からの黒字転換を予想しているもよう。

 23日の制限値幅上限は1148円。今後は200日移動平均線(1148円近辺)や25日移動平均線(1208円近辺)を上抜けるかどうかが焦点になりそうだ。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER ---倍 PBR 2.81倍 予想配当利回り 0.00%
市場 東証マザーズ 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

ナノキャリ (4571)

ページトップ