きょうの動意株

アイホンが後場上げ幅拡大、中期3カ年計画を前向き評価

6718 アイホン 株価チャート
12/12
15:00
時点

1,889

前日比
-61(-3.13%)

年初来高値 2,050.0(17/07/24)
年初来安値 1,701.0(17/04/17)

アイホン(6718)が後場に入り上げ幅を拡大した。前引けは、前日比47円(2.92%)高の1655円だったが、13時39分現在、94円(5.85%)高の1702円で推移している。一時は、1720円まで買われる場面があった。 

 本日28日12時に中期3カ年計画を発表し、買い材料視された。最終年度の2019年3月期に連結売上高500億円(16年3月期は426億7000万円)、営業利益率10%以上(同7.1%)を目指すとしている。17年3月期は売上高438億円(前期比2.6%増)、営業利益25億5000万円(同16.3%減)と増収減益を見込んでいるため、来期以降の利益のV字型の回復を見込んでいることになり、前向きに評価された。

 中期計画では重点戦略として、受注プロセス管理強化による本格的なリニューアル市場の売り上げ拡大、海外各地域に適応する営業体制の構築、現事業領域の再検討と新事業への積極投資、生産活動の全体最適化による製造原価の低減などを挙げている。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 15.65倍 PBR 0.70倍 予想配当利回り 1.69%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

アイホン (6718)

ページトップ