きょうの動意株

UMNファーマが買い気配、ジカウイルスワクチン開発で契約締結

4585 UMNファーマ 株価チャート
12/13
12:36
時点

572

前日比
-7(-1.21%)

年初来高値 1,053.0(17/01/04)
年初来安値 225.0(17/04/04)

 創薬ベンチャーのUMNファーマ(4585、東証マザーズ)が買い先行。午前9時16分現在、前日比210円(14.7%)高の1637円での買い気配となっている。28日引け後、米バイオベンチャーのProtein Sciences Corporation(PSC)などとジカウイルスワクチンを共同開発するコンソーシアムに参加することを検討するためのパートナーシップ契約を締結したと発表。これが材料視された。

 当社は今回の契約により、PSCが進めるジカウイルスワクチンの開発・製造技術の確立に向け、他のパートナーシップ参加企業・組織とともに戦略的パートナーシップの設立について協議する権利を得る。今後、参加パートナー間で開発計画や事業体スキーム、役割分担などに関する詳細事項を協議。正式合意した場合に日本におけるジカウイルスワクチンの製造及び販売の権利を確保することになるという。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER ---倍 PBR -0.63倍 予想配当利回り 0.00%
市場 東証マザーズ 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

UMN (4585)

ページトップ