きょうの動意株

ソフトバンクGが下落率トップ、英社買収で財務体質悪化を懸念

9984 ソフトバンクグループ 株価チャート
12/11
15:00
時点

9,483

前日比
+78(+0.83%)

年初来高値 10,550.0(17/10/30)
年初来安値 7,494.0(17/04/17)

ソフトバンクグループ(9984)が急落した。10時08分現在、前週末日比652円(10.85%)安の5354円と東証1部の値下がり率トップで推移している。マドをあけての下げとなり、7月8日に付けた直近安値5397円を割り込む場面があった。18日に半導体設計ARMホールディングスを約240億ポンド(約3兆3000億円)で買収すると発表したことが嫌気された。巨額買収により同社の有利子負債は12兆円規模から増大することで、財務体質の悪化を懸念する売りが出ている。

 1株当たりの買収額は17ポンドと現地15日終値11.89ポンドに42.98%上乗せされており、プレミアムに見合った効果を疑問視する動きとなっている。買収資金はみずほ銀行の借入限度額1兆円のつなぎ融資(ブリッジローン)と手元資金で賄うとしている。日本企業による海外企業のM&A(企業の合併・買収)としては、同社による米通信大手スプリント買収の216億ドル(約1兆8000億円)を上回り、過去最高となった。9月30日までに買収を完了し、完全子会社化する予定。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 19.91倍 PBR 2.88倍 予想配当利回り 0.46%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

ソフトBG (9984)

ページトップ