きょうの動意株

任天堂が続落、「GO Plus」の発売延期響くが売買は活発

7974 任天堂 株価チャート
12/11
15:00
時点

44,380

前日比
+670(+1.53%)

年初来高値 48,190.0(17/11/27)
年初来安値 22,005.0(17/02/01)

任天堂(7974)が続落した。午前10時40分現在、前日比940円(4.21%)安の2万1365円で推移している。 

 持分法適用関連会社ポケモン(東京都港区)が27日、7月末発売予定の「ポケモンGO Plus」の準備に遅れが生じ、発売を9月に延期すると発表し売り材料となった。また、27日発表の2017年3月期第1四半期(16年4~6月)の連結業績で、最終損益が245億3400万円の赤字に転落したことも嫌気した。前年同期は82億8400万円の黒字だった。円高が響き、営業外で350億円の為替差損を計上した。

 通期の営業利益450億円(前期比36.9%増)、純利益350億円(同2.1倍)は据え置き。みずほ証券は27日付で「決算にサプライズはなく通常であれば悪材料出尽くしと言いたいところだが、株価が不安定なため見た目の悪さと『ポケモンGO Plus』の9月への発売延期によるネガティブに反応するリスクの方が高い」としている。 

 ただ、押し目買いも流入しており、引き続き東証1部の売買代金トップで推移している。みずほ証券では「第2四半期決算までに再評価に向けてのカタリスト材料がそろってくると思われるため、そろそろ株価の再上昇も念頭に考えるべき」としている。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 66.18倍 PBR 4.26倍 予想配当利回り 0.81%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

任天堂 (7974)

ページトップ