ベイカレント・コンサルティング(6532)の実力診断

金融向けITコンサルに強くSIも展開

山内 哲夫

 経営やITに強いコンサルタントをそろえ、システムインテグレーション(SI)も行う。1998年に藤沢市に設立されたピーシーワークスが起源で2006年から現名称。14年にバイロン・ホールディングスが吸収合併し事業を全面継承、ベイカレントの名前を残す格好で現体制へ。保険や証券など金融機関向けの取引実績が多く、ITコンサルが事業の中心。次いでSIの規模が大きい。「現場主義」を掲げ人材拡充・育成に注力している。

 17年2月期はSIに一服感あっても戦略ビジネスコンサルが好調持続。人件費の増加や上場費用こなし営業益続伸。上場による調達資金はコンサルタントの採用費用や人材育成費用に充当。比較銘柄としてはテクノスジャパン、コムチュア、フューチャー、三菱総合研究所など。

会社概要

【本 社】〒105-6309 東京都港区虎ノ門1ー23ー1虎ノ門ヒルズ森タワー TEL03-5501-0151

【URL】http://www.baycurrent.co.jp/ 【設 立】2014年

【代表者】萩平和巳(45歳) 【従業員数】1096人

【業 種】サービス業(SI・ソフトウエア開発)

【市場テーマ】ITサービス、コンサルティング

【比較銘柄】 テクノスジャパン(3666)コムチュア(3844)フューチャー(4722)三菱総合研究所(3636)

業績

(百万円) 売上高 営業利益 税前利益 純利益 1株益
(円)
1株配
(円)
単15.02* 5,564 1,155 627 372 32.0 0
単16.02* 15,833 3,215 2,581 1,550 107.0 0
単17.02予(分) 18,500 4,100 4,000 2,550 164.8 0~30
単18.02予 21,000 5,000 4,900 3,100 200.4 0~40

注) (分)は株式分割 16年4月 1→20、業績の決算方式は国際会計基準

【1株純資産】(16.2)711.6円

大株主

【上場前発行済株式数】15,420,000株 【潜在株式数】580,660株

株主名 保有株式数(株)
※潜在株含む
江口新 5,140,000
Sunrise Capital 2, L.P. 3,332,720
Sunrise Capital 2(NonーU.S.),L.P. 2,967,600
EHRS L.P. 1,720,000
(株)Rーファンド 1,400,000
Sunrise Capital 2(JPY),L.P. 599,680
萩平和巳 383,520
池平謙太郎 61,740
阿部義之 49,400
小塚裕史 49,400
中村公亮 49,400

スケジュール、価格、引受会社

【上場予定日】9月2日 【市 場】東証マザーズ

仮条件
決定日
BB期間 公開価格
決定日
申込期間
8/12(金) 8/16(火)

8/22(月)
8/23(火) 8/25(木)

8/30(火)

【仮条件】2,100~2,360円 【公募価格】2,100円

【幹事証券】野村 【引受証券】SMBC日興、三菱UFJモルガン・スタンレー、SBI

株式数、売買単位

公募
株式数
売出し
株式数
売出し(OA)
株式数
50,000株 11,680,400株 1,759,500株

【上場時発行済み株式数】15,470,000株 【売買単位】100株

記事中の会社を詳しく見る

ベイカレC (6532)

ページトップ