業績修正や決算発表に備える! 10月相場の傾向と対策

中でも注目の3銘柄は?

中原 良太
Syda Productions / PIXTA(ピクスタ)

 もうすぐ9月も終わり。10月です。

 10月は2月、3月決算企業の業績修正や、上期の決算発表も始まります。好決算の企業があった場合は、それに応じて急騰する株も出てくることでしょう。ただ、10月は相場が下落しやすい月としても知られています。

 リスクが大きいと言えば聞こえは悪いですが、株価が動いてくれなければ僕ら投資家はほとんど利益を出せません。そういう意味では、「チャンスがたくさんある時期」であると同時に、普通に投資してもなかなか利益を出しづらいとも言えるでしょう。

 そこで今回は、過去のデータをひもときながら、「10月相場で利益を出すコツ」についてお話ししていこうと思います。

10月に株を買うと、どうなる…?

 まず始めに、例年、10月に相場はどのように動くのか、過去の統計データを調べてみましょう。今回は、東証1部、東証2部、マザーズ、ジャスダックに上場する全銘柄を対象に、2000年から15年までの動向を分析しました。

■10月の日本株市場の動向を分析する
====================
(分析対象)
・東証1部、東証2部、ジャスダック、マザーズに上場する全銘柄

(株を買うタイミング)
・10月の第1営業日である
 →上記を満たしたら、当日の寄り付きで株を購入する

(株を売るタイミング)
・11月の第1営業日である
 →上記を満たしたら、当日の寄り付きで株を売却する
====================

 以上が、10月の日本株市場の動向を調べた方法です。この方法で投資したときに利益を出していれば、10月は日本株市場が上昇しやすいと言えるでしょう。

ページトップ