会社四季報オンライン会社四季報オンライン

閉じる×

銘柄と記事をどのページからでも検索できます。

■銘柄を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、四季報検索ボタンかキーボードの「Enter」キーを押してください。

『会社四季報』最新版のデータの特色、業績記事、事業構成、会社名などから検索し、検索結果から、四季報ページへ移動できます。

■記事を検索する

検索語をテキストボックス(キーワード/証券コード/会社名を入力してください部分)に入力後、記事検索ボタンを押してください。

※「Enter」キーは記事検索の場合、ご利用いただけません。

四季報オンラインの記事タイトル、本文を検索し、検索結果から、該当の記事へ移動できます。

検索語を複数指定する場合は、検索語の間に全角スペースまたは半角スペースを入れてください。

例:「最高益 大化け」で記事検索→ 記事タイトル、本文中に「最高益」と「大化け」という文字を含んでいる記事を検索します。

■その他ヘルプ情報

会社四季報オンラインはヘルプページをご用意しております。各画面のご利用方法などは、ヘルプページをご参照ください。

ヘルプを読む

また、ランキング内容やスクリーニング項目、財務詳細ページの表示項目の詳細につきましては、用語集をご参照ください。

用語集を読む

会社四季報 株アプリ(iPhone版)をリリースしました!

GDPなど経済統計は本当に信用できるのか(上)

ブレが大きく、景気実体ともズレが…

岡田 晃
経済統計と景気実体のズレが指摘されている…(撮影:今井康一)

 「GDPなど経済統計は本当に信用できるのか?」ーーこんな議論が巻き起こっています。経済統計をめぐっては以前から「発表のたびに大きくブレる」「景気の実態とズレがある」などの指摘が出ており、この問題は当連載でも何度か取り上げてきました。最近では、今年4月に経団連が「公的統計の改善に向けた提言」をまとめたほか、政府や日銀も統計の精度向上などの取り組みを本格化させ始めています。

 このような議論のきっかけの一つとなったのが、昨年12月に発表された2015年7~9月期実質GDPの改定値でした。その前月に発表された速報値ではマイナス0.8%(前期比、年率換算)だったのに対し、改定値ではプラス1.0%と大幅に上方修正されたのです。

 数字のうえではポジティブサプライズだったのですが、マイナスだと思っていた景気が1カ月もたたないうちに「実はプラスでした」となったわけで、改定幅は1.8ポイントにも達したのです。これでは企業の景気判断や政府の政策が混乱してしまいます。

 GDP統計はこれまでも速報値と改定値の乖離がたびたび問題になってきました。実質GDPがマイナスからプラスへ、あるいはマイナスからプラスへと「逆方向」になった例が00年以降では7回あります。

 中でも00年7~9月期はプラス1.0%からマイナス2.5%へ改定され、その幅は3.5ポイントに達しました。

 プラスまたはマイナスで同じ方向でも、改定幅が1.0ポイント以上となったケースも過去5年間(20期)で4回ありました。改定幅の平均は0.68ポイント。この数字は一見小さいように思えますが、成長率自体がせいぜい1%台程度であるのを踏まえると、これだけの改定幅は極めて大きいと言えます。景況感も変わってくるでしょう。

東洋経済から絶好調企業を先取り

ページトップ