きょうの動意株

トクヤマが3連騰、マレーシア子会社売却で収益改善を期待

4043 トクヤマ 株価チャート
12/11
14:56
時点

3,420

前日比
-15(-0.44%)

年初来高値 3,880.0(17/11/22)
年初来安値 2,170.0(17/01/10)

トクヤマ(4043)が3連騰した。午前11時04分現在、前日比54円(14.88%)高の417円と東証1部の値上がり率2位に浮上している。 

 28日に、太陽電池材料の多結晶シリコンの製造・販売を行うマレーシア子会社を韓国のOCIに売却すると発表し、買い材料視された。2017年3月末に保有株全株式を9800万ドル(約98億円)で譲渡する。マレーシア子会社は技術的トラブルや市況悪化でトクヤマの収益の足を引っ張っていただけに、収益改善を期待した買いが活発化した。

 クレディ・スイス証券で投資判断を「アンダーパフォーム(弱気)」から「ニュートラル(中立)」に、目標株価を310円から420円に引き上げた。同証券では、「中期的にも需給環境は厳しい中、収益変動リスクの低減につながる」と前向き評価している。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 18.40倍 PBR 2.24倍 予想配当利回り 0.58%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

トクヤマ (4043)

ページトップ