きょうの動意株

省電舎がストップ高気配、省エネ会社連結化で収益上振れ期待

1711 省電舎ホールディングス 株価チャート
12/11
09:12
時点

853

前日比
+3(+0.35%)

年初来高値 1,479.0(17/01/30)
年初来安値 657.0(17/09/11)

 東証2部の省電舎(1711)が急騰。午後1時34分現在、前日比100円(18.6%)高の639円買い気配と制限値幅上限のストップ高気配になっている。朝方から値付かずのまま推移している。 

 6日に、当社創業者で筆頭株主の中村健治取締役が経営するエール(東京・渋谷区)を株式交換で完全子会社化してエールの子会社のエールケンフォー(東京・港区)を連結子会社化すると発表したのが買い材料視された。エールケンフォーは独自の再生可能エネルギー、省エネルギー設備の開発・販売を手掛けており、前2016年8月期売上高は17億円、営業利益は2億1700万円程度だったもよう。連結子会社化に伴い、省電舎の今17年3月期営業利益見通し5000万円(前期比12.3%減)の上振れ期待が膨らんでいる。

 エールはエールケンフォーの株式を保有しているだけで、具体的な事業活動は行っていない。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 65.62倍 PBR 2.27倍 予想配当利回り 0.00%
市場 東証二部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

省電舎HD (1711)

ページトップ