きょうの動意株

富士通が後場上げ幅拡大、中国レノボとの提携検討や上期黒字化で

6702 富士通 株価チャート
11/22
15:00
時点

815.7

前日比
-0.4(-0.05%)

年初来高値 927.0(17/10/25)
年初来安値 630.0(17/02/13)

富士通(6702)が後場に入り上げ幅を拡大した。午後2時05分現在、前日比36.7円(6.60%)高の592.5円と東証1部の値上がり率7位に浮上した。出来高でも5位になっている。 

 本日午後1時に、中国レノボ・グループとパソコン事業での戦略的提携を検討していると発表し買い材料視された。日本政策投資銀行と財務面、戦略面での支援について協議を進めているとしている。また、同時発表の2017年3月期上期(16年4月~9月)連結決算で、営業損益が258憶9900万円と黒字転換したことも買い材料となった。前年同期は124億3700万円の赤字だった。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 11.65倍 PBR 1.90倍 予想配当利回り 1.35%
市場 東証一部 売買単位 1000 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

富士通 (6702)

ページトップ