きょうの動意株

メディア工房が反落、子会社の「イグドラシル戦記」獲得に反応薄

3815 メディア工房 株価チャート
11/17
15:00
時点

532

前日比
+10(+1.92%)

年初来高値 780.0(17/06/26)
年初来安値 443.0(17/04/13)

 東証マザーズ上場のメディア工房(3815)が反落。一時は前日比55円(8.4%)安の600円まで下落した。10月19日に米ダブルミー社との資本提携やAI研究所を立ち上げたと発表したのをきっかけに、株価は約半年ぶりの水準に急上昇していた。明日が休場とあって2日は利益確定売りが優勢になっているもようだ。

 前日に子会社ルイスファクトリーが株式会社グレンジ(東京都渋谷区)からファンタジーRPG「イグドラシル戦記~世界樹の騎士団~」の運営を譲り受けると発表したが、これを材料視した買いは限定的となっている。ルイスファクトリーは他社が開発したソーシャルゲームを買い取って運営するセカンダリー事業の展開を目的に、9月1日から始動を開始。今回の「イグドラシル戦記」の獲得が同事業の第1弾となる。

 同ゲームは、スマホ向け「Ameba」で遊べるゲームで、2014年4月にリリースされた。最大40人でのリアルタイムバトルなどがユーザーに評価されているという。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 591.11倍 PBR 3.75倍 予想配当利回り 0.00%
市場 東証マザーズ 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

メディア工 (3815)

ページトップ