きょうの動意株

タカタが5日ぶり反発 上期黒字拡大、通期も増額

タカタ(7312)が5営業日ぶり反発。10時時点では前週末比13円(3.8%)高の350円と買いが先行している。前週末4日に今2017年3月期上期(16年4~9月期)決算と合わせて通期予想の修正を発表しており、総じてプラスに取られているようだ。

 上期の最終損益は182億円の黒字(前年同期は55億円の赤字)で着地。従来予想(65億円の黒字)より黒字幅が拡大した。米国の自動車向け内装材子会社の株式や、保有する自動車メーカーの株式の売却益が利益を押し上げたという。 

 17年3月期の最終損益予想は200億円の黒字(前期は130億円の赤字)と、従来予想から70億円引き上げた。ただ、原因が明らかでないリコールの負担費用は盛り込んでいないという。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER ---倍 PBR ---倍 予想配当利回り ---
市場 売買単位 ※ 現在値
各種情報について

ページトップ