ハビックスは営業利益上振れし増益幅拡大、原燃料価格が想定以上に低位安定

柿沼 茂喜
2016年11月09日

調理ペーパーや紙おむつ表面材用などを中心とする不織布事業と、紙おむつ包合紙用原紙などの衛生紙関連事業を2本柱とするハビックス(3895)の今2017年3月期は、従来の会社計画と比べて営業利益が上振れし、増益幅が拡大する見通しだ。純利益は、7期ぶりに過去最高を更新する。……

¥ この記事は有料コンテンツです。
ベーシックプラン以上にお申し込みいただきますとお読みいただけます。

記事中の会社を詳しく見る

ハビックス (3895)

ページトップ