きょうの動意株

日東電が10カ月ぶり高値、「医薬品で米ブリストルと提携」報道

6988 日東電工 株価チャート
11/22
15:00
時点

11,065

前日比
-15(-0.14%)

年初来高値 11,750.0(17/11/07)
年初来安値 8,048.0(17/04/19)

日東電工(6988)が急騰。午前10時時点では前日比652円(8.9%)高の7914円で取引されている。同9時13分には8050円まで買われ、1月7日以来10カ月ぶりに8000円台に乗せる場面があった。11日付日本経済新聞が「肝硬変治療薬の開発や販売で米製薬大手のブリストル・マイヤーズスクイブと提携する」と報じ、刺激材料になっているようだ。

 報道によると、ブリストルとの提携で、次世代型のバイオ医薬品を開発し、2018年以降の製品化を目指すという。ほかの臓器の治療薬でも提携し、開発段階で1000億円規模の収入を得る見通し。

 日東電工はもともと、遺伝子や細胞培養を用いるバイオ医薬品の受託製造で約6割の世界シェアを持つといい、すでに肝硬変治療薬の臨床試験(治験)を始めている。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 19.62倍 PBR 2.75倍 予想配当利回り 1.45%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

日東電 (6988)

ページトップ