きょうの動意株

国際帝石が2週間ぶり1000円台、原油持ち直しで通期増額修正

1605 国際石油開発帝石 株価チャート
10/20
15:00
時点

1,169.5

前日比
-7.5(-0.64%)

年初来高値 1,225.0(17/09/28)
年初来安値 988.0(17/05/31)

国際石油開発帝石(1605)がしっかり。午前9時50分には前日比30.7円(3.1%)高の1001.0円まで買われ、10月28日以来2週間ぶりに1000円の節目を回復している。前週末11日に今2017年3月期通期業績見通しの上方修正を発表しており、好感されているもよう。

 通期営業利益は10.1%増の2830億円(前期実績3901億円)、純利益は同52.9%増の260億円(同167億円)とした。9月末の石油輸出国機構(OPEC)の減産合意を受け、原油市況が上向いたため、当社が指標とする北海ブレント原油の想定価格を下期(16年10月~17年3月期)は1バレル=45ドルから50ドルに引き上げた。これが収益改善につながる。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 32.85倍 PBR 0.58倍 予想配当利回り 1.54%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

国際帝石 (1605)

ページトップ