過去最高の受注でも減益予想?地下工事に強い中堅ゼネコン

会社計画は保守的

古庄 英一
2016年11月16日

大震災後の最高の受注実態にありながら減益予想を変えず下値圏にある中堅ゼネコンに注目した。リニア新幹線や防災対策など地中の大深度を掘削する難工事が得意で、個人投資家の推奨株として取り上げられることの多い大豊建設(1822)だ。……

¥ この記事は有料コンテンツです。
ベーシックプラン以上にお申し込みいただきますとお読みいただけます。

ページトップ