きょうの動意株

ISIDが反発、「18年12月期に部門利益4倍」報道が手掛かり

4812 ISID 株価チャート
10/17
09:07
時点

2,665

前日比
+7(+0.26%)

年初来高値 2,885.0(17/06/22)
年初来安値 1,756.0(17/01/20)

 電通子会社で製造業向けシステム開発を手がける電通国際情報サービス(4812、ISID)が反発。11時時点では前日比58円(3.2%)高の1840円まで買われている。 

 18日付日本経済新聞朝刊が「2018年12月期にエンジニアリング事業の部門営業利益を15億円程度と、前期の約4倍に増やす」と報じており、材料視されているようだ。

 報道によると、エンジニアリングは当社売上高の約3割を占める主力事業。特に自動車の設計シミュレーションシステムを成長分野と位置付けており、シミュレーションを駆使して設計するMBD(モデルベース開発)と呼ばれる技術に強みがあるという。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 17.54倍 PBR 1.93倍 予想配当利回り 1.88%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

ISID (4812)

ページトップ