きょうの動意株

ピックルスCが大幅安、野菜価格の高騰響き今2月期下方修正

2925 ピックルスコーポレーション 株価チャート
11/22
15:00
時点

2,003

前日比
-17(-0.84%)

年初来高値 2,144.0(17/10/17)
年初来安値 1,228.0(17/04/07)

 ジャスダック上場で漬物やキムチを製造・販売するピックルスコーポレーション(2925)が大幅反落。一時は前週末比106円(7.1%)安の1382円まで下落した。18日引け後に発表した今2017年2月期業績予想の下方修正が嫌気された。

 営業利益予想を従来の14億200万円から9億9100万円(前期比6.4%増)に引き下げた。8月以降の台風や日照不足の影響で野菜の出荷量が減少し、主要原料である白菜やキュウリなどの仕入価格が高騰したのが響く。今後は野菜の仕入れ価格が安定していくと想定しているものの、期初予想の営業利益を確保するのは難しいと判断した。

 上期(3~8月期)営業利益は8億7900万円と、従来予想14億200万円の62.7%を達成していた。足元の進捗が順調だっただけに、下方修正がネガティブサプライズと受け止められやすかったとみられる。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 13.21倍 PBR 1.26倍 予想配当利回り 1.10%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

ピックルス (2925)

ページトップ