きょうの動意株

横河ブリッジが7カ月ぶり高値、「鉄骨増産」報道が契機

5911 横河ブリッジホールディングス 株価チャート
11/22
15:00
時点

2,432

前日比
+2(+0.08%)

年初来高値 2,566.0(17/10/31)
年初来安値 1,206.0(17/04/17)

横河ブリッジホールディングス(5911)が大幅反発。午前9時50分時点では前日比89円(7.4%)高の1278円と買われ、新名神高速道延伸工事の橋桁落下事故が発生した4月22日以来の7カ月ぶりの高値を回復している。25日付日経産業新聞が「鉄骨などの生産能力を約2割引き上げる」と報じ、手掛かり材料になっているようだ。

 報道によると、大阪府内の工場に約15億円を投じて新たな生産ラインを構築。2018年度に事業売上高で15年度比26%増の280億円を目指す。東京五輪などを追い風にスポーツ施設向けなどの需要が伸びるとみているという。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 14.78倍 PBR 1.47倍 予想配当利回り 0.86%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

横河ブリH (5911)

ページトップ