『君の名は。』『シン・ゴジラ』が教えてくれたこと

今夏の映画界を牽引

中里 幸聖
(撮影:風間仁一郎)

 アニメ映画『君の名は。』は10月31日現在、興行収入171.9億円を超え、今年(2016年)の国内上映作品の興行収入ナンバーワンであるのみならず、歴代邦画の興行収入でも5位にランクインしている(洋画なども入れると現在9位)。

 日本の歴代映画の興行収入1位は宮崎駿監督の『千と千尋の神隠し』で興行収入308億円だ。10月31日時点での『君の名は。』以外の歴代邦画の興行収入ベスト10には、宮崎駿作品が5本、『踊る大捜査線』シリーズが2本、『南極物語』『子猫物語』がランクインしており、宮崎駿監督以外の作品だと犬猫が強かったわけだ。

 今夏の映画は『君の名は。』と『シン・ゴジラ』(10月31日現在、興行収入79億円で歴代邦画20位)が圧倒的な強さをみせたといっていいだろう。作品自体の評価は人によってさまざまであり、ここでは触れない。『君の名は。』は3回、『シン・ゴジラ』は1回それぞれ見たが、いずれもリピーターの多さでも話題になっている。5回以上見たというつわものも少なくないそうだ。

 これも多くの人が触れていることだが、両作品とも5年前の東日本大震災がモチーフとして取り込まれている。現場の復興はまだ道半ばだが、5年経ってようやく、こうした形での消化が可能になった面もある。震災発生後しばらくは、津波などを連想させる映像の放映が敬遠されることもあった。

 「地震列島」「火山列島」「台風銀座」である日本に住む以上、次なる自然災害への備えは欠かせない。熊本地震、台風10号、鳥取県中部地震など日本は今年も多くの自然災害に見舞われた。『シン・ゴジラ』は、「ゴジラ」に関して「自然災害、原発事故、他国による武力侵攻の隠喩である」とする論調も多く聞かれるが、この作品が主眼を置いたのは政府、行政組織による危機対応を描くことだ。

 しかも、それは突発的な事態への緊急的な対応であり、既存のハードを前提にソフト面でどのような対応が可能かという点へ話が展開。その過程で随所にソフト的な不備があることにも焦点があたっていたように思う。

 これに対して、『君の名は。』は自然災害に関する描写はわずかだったが、臨機応変の対応で被害を最小限にとどめたことが示唆されている。『シン・ゴジラ』と同様、既存のハードを前提にしたソフト面での対応が功を奏したというストーリーだ。

ページトップ