きょうの動意株

ダイドードリンコが売り優勢 三角保ち合い煮詰まる

2590 ダイドーグループホールディングス 株価チャート
11/17
15:00
時点

5,550

前日比
+10(+0.18%)

年初来高値 6,290.0(17/01/06)
年初来安値 5,070.0(17/04/12)

ダイドードリンコ(2590)がやや売り優勢。10時15分時点では前日比30円(0.5%)安の5660円となっている。前日発表した今2017年1月期第3四半期累計(16年2~10月期)決算は好調だったが、通期見通しを据え置いており、失望されている面もあるようだ。

 第3四半期までの営業利益は前年同期比10.7%増の44億2400万円、純利益は同97.3%増の37億8800万円だった。飲料セグメントの業績が堅調だったうえ、トルコ、マレーシア子会社の連結で業績が上振れた。通期計画に対する進捗率は営業利益が88%、純利益はすでに超過しているが、計画は据え置いた。

 当社株は足元では11月1日高値(5860円)と9日安値(5580円)の範囲内で小動きを繰り返しており、チャート上では「三角保ち合い」が煮詰まりつつある。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 35.37倍 PBR 1.09倍 予想配当利回り 1.08%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

ダイドーG (2590)

ページトップ