きょうの動意株

ソフトフロントが急伸、同社技術が富士通のIoTサービスに採用

2321 ソフトフロントホールディングス 株価チャート
11/22
15:00
時点

175

前日比
+1(+0.57%)

年初来高値 290.0(17/01/27)
年初来安値 172.0(17/11/16)

 ジャスダックのソフトフロントホールディングス(2321)が後場急伸した。午後1時36分現在、前日比27円(10.5%)高の284円で推移している。前引けは1円安の256円だった。午後1時に、子会社のソフトフロントジャパンのコミュニケーションプラットフォームが富士通(6702)のIoT(モノのインターネット)見守りサービスに採用されたと発表したことが買い材料となった。

 富士通の見守りサービスは、自治体や住宅事業者向けにIoTを活用して居住者の生活の様子を24時間体制で見守る高齢者ケアサポートサービス。居住者宅内に設置するIoTデバイスを介して送信される音声を遠隔地のコールセンターに待機している看護師に瞬時に届け、明瞭な会話音声で状況の確認・把握の必要があるが、ソフトフロントのコミュニケーションプラットフォームが要件を満たしている。またIoTデバイスとの相互接続性や採用実績も評価されたとしている。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER ---倍 PBR 3.05倍 予想配当利回り 0.00%
市場 JQグロース 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

Sフロント (2321)

ページトップ