きょうの動意株

東洋炭素が反発、EV向けなど黒鉛シートの用途拡大をハヤす

5310 東洋炭素 株価チャート
11/22
15:00
時点

3,680

前日比
+135(+3.81%)

年初来高値 3,790.0(17/11/14)
年初来安値 1,622.0(17/04/17)

東洋炭素(5310)が反発。午後1時42分現在、前日比38円(2.3%)高の1725円で推移している。 

 化学工業専門紙が1日付で「黒鉛シートの用途開拓を加速する」と伝え、買い材料視された。それによれば、耐熱性や耐薬品性、可とう性(物質の弾性変形のしやすさ)、クッション性に優れる機能性を生かして、電気自動車やハイブリッド車向けのリチウムイオン2次電池の保護材といった新規用途への提案に力を入れるとしている。電気自動車の普及とともに、黒鉛シート需要への拡大を期待した買いが流入した。

(取材協力:株式会社ストックボイス)

■本記事中のデータ・チャートの注意点

記事中に表示しているチャート、株価、年初来高安、予想PER、PBR、予想配当利回り、上場市場、売買単位は、最新(枠内の日付)時点のものです。記事配信日時点のものではございませんので、ご注意ください。

予想PER、予想配当利回りは今期ベース、PBRは前期末ベースです。

予想PER 30.59倍 PBR 1.34倍 予想配当利回り 0.82%
市場 東証一部 売買単位 100 株 ※ 現在値
各種情報について

記事中の会社を詳しく見る

東洋炭素 (5310)

ページトップ